Column家づくりコラム

【仙台市・青葉区・宮城野区・泉区・若林区・太白区・新築コラムVol.161】吹き抜けにする長所・短所

仙台市・青葉区・宮城野区・泉区・若林区・太白区、富谷市・名取市で一戸建て、マイホーム、新築注文住宅、ZEH住宅、平屋住宅をご検討中のみなさんこんにちは。

家づくりを行う際、吹き抜けにするかどうかで悩むという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は「吹き抜けにする長所・短所」についてお話ししたいと思います。

まずは長所から見ていきましょう。

・日中明るい

吹き抜けにすれば、2階部分のガラス窓から日光を取り入れることが可能です。
昼間から電気を点けなくていいというのは、魅力的ですよね。

・開放感がある

吹き抜けにすることによって、開放感が得られます。
広々とした空間にすることが出来るでしょう。高さがあると、圧迫感がないのが嬉しいですよね。

・家族を近くに感じられる

吹き抜けにすることで、空間と空間とのつながりを感じることができます。
何かあった時に駆けつけやすいため、高齢者や小さいお子様がいらっしゃるご家庭には特に長所だといえるのではないでしょうか。
また、ごはんができた際などにわざわざ二階に上がらなくていいというのも嬉しいですよね。

一方で短所はどうでしょうか。それぞれみていきましょう。

・音が響く

家族を近くに感じられる一方で、音が不必要に響く可能性もあります。物音に敏感な方は、それが気になることがあるでしょう。
また、二世帯住宅の場合、それぞれの生活音が響く可能性もあります。
不安な場合は、防音対策をすることも視野に入れておきましょう。

いかがでしたでしょうか。このように、吹き抜けにすることには長所・短所があります。
ご自身のライフスタイルと照らし合わせながら、その導入をしっかり検討して、後悔のない家づくりにしてください。

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop